カードローンとはどのようなローンなのか

東京三菱UFJ銀行やアコムなど、CMでよく聞く言葉にカードローンがあります。ローンというからにはお金を借りるというカテゴリーの1つなのですが、他のローンと比べると自由に借入れができるという特徴があります。

 

カードローンがちょっと気になるけれど、どのようなローンなのかいまいちわからないという人に対して、他のローンとの違いという視点でまとめました。

 

目的別ローンとの違い

目的別ローンとは、マイカーローンや住宅ローンのような、使い道が決められているローンです。例えば住宅ローンであれば、住宅の購入が主な使い道となります。目的別ローンの場合、その目的以外のものでは基本的に利用できません。

 

また、目的別ローンでは担保や保証人が必要になる場合もあります。例えば住宅ローンならば、購入する住宅を担保にして契約をするのが一般的です。担保がなければ返済できなくなった時の回収手段がなくなってしまうためです。

 

カードローンでは保証人や担保が原則不要です。審査に通れば自分の信用1つでお金が借りられます。また、使い道は幅広く、旅行などのレジャー費用から生活費の補填まで、様々な用途で借入れ可能です。

 

また、目的別ローンの場合、審査や融資に日数がかかるものもあります。住宅ローンのような長期間かかるものでなくとも、融資に1週間程度かかるものも多いです。一方カードローンは審査や融資までのスピードが早く、最短即日でお金を借りられる場合もあります。

 

ここまでカードローンばかりにメリットがあるように見えるかもしれませんが、金利は各種目的別ローンの方が低めに設定されています。これは融資が1回なのでその場の審査で適性をしっかり見られる点、担保があればそれがリスクを抑えられる点、使い道が限定されているので収入に対して余計な出費が行われるリスクが少ない点が、主な理由となります。

 

便利に借りられるとなればやはりカードローンが有利であり、最近では銀行のカードローンですら手軽に来店不要で契約が行えるようになってきているため、手間をかけずに契約が進められます。

 

カードローンで借りるならオリックス銀行カードローンの手続きのように時間も手間もかけずに進められるタイプが人気となっているため、いくつかのカードローンを確認してどこから借りるかを考えてみましょう。

 

 

フリーローンとの違い

銀行などで取り扱いしているフリーローンは、使い道自由なタイプのローンです。使い道が自由で、用途としてはカードローンと非常に似ています。もちろん旅行などのレジャー費用から生活費の補填まで、幅広い用途で利用が可能です。

 

カードローンとの違いとしては、繰り返し借入れができない点があります。カードローンならカードで借入れができますが、そのタイミングが自由です。

 

フリーローンは1回きりの借入です。またお金が必要になった時には、再度借入れの申込み、審査が必要になります。カードローンなら限度額の範囲内で、何度でも繰返し借入れができます。返済して限度額に余裕が出れば、再度借入れができます。いざという時の備えとして1枚持っておくと安心なのはカードローンです。

 

フリーローンの方がカードローンと比べて、金利は少しだけ低めに設定されています。一度きりの借入希望で、融資に時間がかかってもいいのであれば、フリーローンという選択肢もありかもしれません。

 

街金との違い

街金とは、中小規模の消費者金融の俗称です。銀行のカードローンのように、使い道自由でお金を貸してくれます。大手消費者金融や銀行ではなく、街金でお金を借りる人もいます。街金も使い道自由でお金を貸してくれますが、カードを使うのではなく、その都度街金にいってお金を借りてくるようなイメージとなります。金利は高めに設定されていて、お得感もありません。

 

カードローンならATMを使って自由に借入れできるのを考えると、不便に感じるかもしれません。

 

ただし、街金の場合、少額ならば審査に通りやすいというメリットがあります。数万円程度の借入であれば、大手系で断られた人でも融資してもらえる可能性があります。カードローンの審査に通るのが厳しく、それでも少しでいいから借りたいという人には向いているかもしれません。

 

大手ほどの信頼性や安心感はないので、借りるなら大手が良いのは言うまでもありません。大手であれば横浜プロミスのように最短即日で女性でも安心のカード発行となりますが、街金ではそうもいきません。

 

大手では利用が難しい方が駆け込む貸金業者となっているので、はじめて借りるのであれば大手消費者金融か銀行とするのが基本中の基本です。