カードローンの利息負担

カードローン利用者の多くは、必要な分だけ、十万円にも満たないような少額の借入れを行うのがきっかけで申込みをします。ちょっとした生活費の補填程度の使い道であれば、対応の早いカードローンは使い勝手がよく、多くの人が利用しています。

 

ただし、カードローンの金利は各種ローンと比べて高めに設定されています。例えば金利15.0%で10万円借りた場合、1年でかかる利息は15,000円になります。1カ月に換算すると毎月1,200円の利息が発生する計算になります。借入や返済を繰返し、常に借入残高が10万円程度あるのであれば、毎月の返済の内、1,200円分は利息として飛んでいきます。

 

ただし、借入を頻繁に行わず、コツコツと返済していけば、かかる利息はそれ程高くはなりません。カードローンの利息は借入残高に対して算出されるので、順当に返済を続けていけば、段々と利息は減っていきます。カードローンで損をしたくないのであれば、頻繁に返済を繰返し、借入残高を減らしていくのが有効な手段です。

 

特にカードローンの場合は、利息も日割り計算です。数日で全て返済するのであれば、借りた日数分しか利息はかかりません。1万円程度の生活費の補填であれば、2~3日後に完済してしまえば、利息も数十円で済む場合もあります。

 

金利が高く利息負担も大きいとされる消費者金融でも、使い方次第では利息が抑えられるのがカードローンの良さです。長い期間を借りずに短期間の利用とするなら、金利が上限で17.8%となるプロミス仙台のキャッシングも利息負担を抑えられるのです。